貸衣装店の打掛買取

京都きものセンター

鳥取県の貸衣装店の打掛 振袖 呉服在庫の買取り


鳥取の語源については諸説ございますが、日本書紀の垂仁天皇の条には
このような逸話が記されております。

垂仁天皇の皇子である誉津別王子は大人になっても言葉が喋れず、
天皇をはじめ周囲の者は大いに嘆いておりました。

ある日のこと白鳥が空を舞う様を見た皇子が、「これはなんだ!」と初めて言葉を発しました。
驚いた天皇が臣下にその鳥の捕縛を命じ、臣下は遠くまで鳥を追いかけて捕まえました。

このことにより皇子は無事に言葉を話せるようになり、功績のあった臣下は「鳥取造」(ととりのみやつこ)の称号を受けます。
鳥取造は沼などの湿地帯に集まり鳥を捕まえて大和朝廷に献上するようになります。

鳥取平野は沼や沢が多く点在していて、鳥取造がたくさん集まったことから
鳥取の名が付けられたとも謂われております。


鳥取県 鳥取市 鳥取県 米子市 鳥取県 倉吉市
鳥取県 境港市 鳥取県 岩美郡 鳥取県 八頭郡
鳥取県 東伯郡 鳥取県 西伯郡 鳥取県 日野郡
その他、市郡町村など

__鳥取出張買取紀行__


鳥取といえば二十世紀梨が有名ですね。
瑞々しくとろけるような果肉が美味しい梨ですね。

二十世紀梨は明治時代に偶然発見されたとか。
二十世紀には梨の王様になるようにと思いを籠めて名付けられました。

鳥取市湖山町にある木乃実神社は、二十世紀梨の原木をご神体として祀っています。

石や岩、あるいは山(富士山や三輪山)をご神体として祀っている神社は多いです。
果物としては、桃、橘、この二十世紀梨の3つがご神体とされているそうですよ。




大量打掛 呉服の買取なら 京都の老舗呉服店 京都きものセンターへ!


貸衣装店では遺品整理や在庫整理の際に大量の打掛、振袖、帯、ゾーリなどの小物が 出てきて処分に困るという話をよく聞きます。
呉服屋、貸衣装店などが在庫として仕入れされた、 打掛、振袖、二尺袖、男性の紋付着物、七五三着物。

また反物や帯や仮絵羽、帯締め、帯揚げ、重ね衿、バックなどの 和装小物は、通常なかなか処分に困ります。
お店の整理をしようとお考えのかた、 または遺品としてお店の大量の呉服を譲りうけたかたは是非ご相談ください。

京都きものセンターは未仕立て、仕立て上がりを問わず、大量の呉服全般の商品を買取しております。



着物の街 京都の老舗呉服店による安心の査定


手数料無料の出張買取のご相談お伺いいたします。
お支払は現金でおこなっております。
また、宅配買取のご相談ものっております。
一度、呉服買取専門店の京都きものセンターへお電話ください。
呉服買取のプロが対応させていただきます。

当社の屋号 竹田屋の歴史

竹田屋と竹田城

京都きものセンターは、長年京都で呉服に携わってきた老舗です。
弊社では毎年「祇園祭」において着物・反物の大売出しを行っておりますが、 その際は「竹田屋」という看板を掲げて売り出しを行っております。
これは京都きものセンターの屋号が「竹田屋」であるためです。

京都の祇園祭

祇園祭
京都の7月は日本三大祭のひとつである祇園祭に人々は酔いしれます。 当社は毎年南観音山の前で売り出しをしております。 コンチキチンの音色が流れ、明るい提灯のともしびが、大勢の観光客で 賑わう古都の街を照らしだします。

当社にゆかりの深い南観音山。祇園祭りには華やかな提灯が雅に夜の京を照らします。
そして宵山の夜にはあばれ観音が不思議な情緒に。 南観音山の本尊である楊柳観音をぐるぐる巻きにして激しくゆさぶる行事です。

京都きものセンター

古物商許可証 (京都府公安委員会第611020130005号)