貸衣装店の打掛買取

京都きものセンター

奈良県の貸衣装店の打掛 振袖 呉服在庫の買取り


奈良は万葉の時代より、たいへん歴史の古い地域です。奈良時代には平城京を中心に栄え、シルクロードの終着点としても国際色豊かな文化に満ちておりました。

中国はもとより、遠くインド、東南アジアの美術、文化の片鱗がうかがえるのは、奈良が国際都市として多くの外国文化を受け入れた証です。

古事記、日本書紀、万葉集など古い歴史書、歌集めが編纂され、東大寺、法隆寺、薬師寺など飛鳥、奈良時代に古い寺院が建立されました。


奈良県 奈良市 奈良県 大和高田市 奈良県 大和郡山市
奈良県 天理市 奈良県 橿原市 奈良県 桜井市
奈良県 五條市 奈良県 御所市 奈良県 生駒市
奈良県 香芝市 奈良県 葛城市 奈良県 宇陀市
奈良県 山辺郡 奈良県 生駒郡 奈良県 磯城郡
奈良県 宇陀郡 奈良県 高市郡 奈良県 北葛城郡
奈良県 吉野郡
その他、市郡町村など

__奈良出張買取紀行__


京都から国道を南下してゆくと奈良市街に入ります。
さらに東大寺方面へと東へ曲がると、奈良公園が見えてきて、
名物の奈良の鹿がたくさん闊歩しております。

今では観光の外国人の方も奈良の鹿に餌をあげ、触れ合い楽しんでいるとか。
奈良や厳島の鹿は、「神の使い」として「神鹿(しんろく)」とも称されているとか。

お話は奈良時代に遡りますが・・・
春日大社には武甕槌命(たけみかづちのかみ)という神様が祀られています。
武甕槌命は茨城県の鹿島神社から奈良へやってくる際に
白い鹿に乗ってきたと謂われております。
その為に奈良では、鹿は神聖な生き物として崇められるようになったそうです。




大量打掛 呉服の買取なら 京都の老舗呉服店 京都きものセンターへ!


貸衣装店では遺品整理や在庫整理の際に大量の打掛、振袖、帯、ゾーリなどの小物が 出てきて処分に困るという話をよく聞きます。
呉服屋、貸衣装店などが在庫として仕入れされた、 打掛、振袖、二尺袖、男性の紋付着物、七五三着物。

また反物や帯や仮絵羽、帯締め、帯揚げ、重ね衿、バックなどの 和装小物は、通常なかなか処分に困ります。
お店の整理をしようとお考えのかた、 または遺品としてお店の大量の呉服を譲りうけたかたは是非ご相談ください。

京都きものセンターは未仕立て、仕立て上がりを問わず、大量の呉服全般の商品を買取しております。



着物の街 京都の老舗呉服店による安心の査定


手数料無料の出張買取のご相談お伺いいたします。
お支払は現金でおこなっております。
また、宅配買取のご相談ものっております。
一度、呉服買取専門店の京都きものセンターへお電話ください。
呉服買取のプロが対応させていただきます。

当社の屋号 竹田屋の歴史

竹田屋と竹田城

京都きものセンターは、長年京都で呉服に携わってきた老舗です。
弊社では毎年「祇園祭」において着物・反物の大売出しを行っておりますが、 その際は「竹田屋」という看板を掲げて売り出しを行っております。
これは京都きものセンターの屋号が「竹田屋」であるためです。

京都の祇園祭

祇園祭
京都の7月は日本三大祭のひとつである祇園祭に人々は酔いしれます。 当社は毎年南観音山の前で売り出しをしております。 コンチキチンの音色が流れ、明るい提灯のともしびが、大勢の観光客で 賑わう古都の街を照らしだします。

当社にゆかりの深い南観音山。祇園祭りには華やかな提灯が雅に夜の京を照らします。
そして宵山の夜にはあばれ観音が不思議な情緒に。 南観音山の本尊である楊柳観音をぐるぐる巻きにして激しくゆさぶる行事です。

京都きものセンター

古物商許可証 (京都府公安委員会第611020130005号)